トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

この国の統治はどうなるのか(2009年3月12日(木)開催)

概要
世界が大転換期を迎える中で、実体経済の急速な悪化に直面する日本の政治がどうなっていくのか、どのようにあるべきか、お話ししていただきます。
御厨 貴(みくりや たかし)・東京大学先端科学技術研究センター教授
1951年生まれ。75年東京大学法学部卒業、東京大学法学部助手 [日本政治外交史]。88年東京都立大学法学部教授 。ハーバード大学イェンチン研究所客員研究員、政策研究大学院大学教授などを経て、2002年から現職。
日本でオーラルヒストリーを確立した第一人者。
1996年 サントリー学芸賞(『政策の総合と権力』東京大学出版会)
1997年 吉野作造賞 (『馬場恒吾の面目』中央公論新社)

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

御厨先生(10MB)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

【講演目次】

1.なぜ、小沢一郎の公設秘書が逮捕されたのか
2.官僚の統治能力の衰えとその原因
3.長期ビジョンを描けない政治
4.処方箋はないのか
5.自民党はどうすれば良いのか
6.民主党はどうすれば良いのか
7.政治報道と国民世論と政治家は三位一体


当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ