トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

金融・経済危機の来し方と行く末(2009年4月22日(水)開催)

概要
2009年4月の会員会社・部長昼食会は、池尾和人・慶應義塾大学教授を講師にお迎えしました。金融危機の本質とともに経済の現状と展望について、お話ししていただきました。ポイントは下記の通りです。
池尾和人・慶応義塾大学経済学部教授
1953年京都市生まれ。京都大学経済学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。岡山大学・京都大学助教授を経て、1994年慶応義塾大学経済学部助教授、翌95年から現職。経済学博士。金融審議会委員、産業構造審議会委員などを兼務。


音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

2009.4.22池尾氏講演(音声、8.5MB)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

2009.4.22池尾氏資料2009.4.22池尾氏資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら

【ポイント】
・危機につながった要因とその過程
・投資銀行やヘッジファンドはなぜリスクをテイクしたのか
・拡大し深化する危機への米国の政策対応
・日本の政策対応
・日本は産業転換が不可欠



当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ