トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

日経センター「国際経済研究」報告
日中韓台企業の生産性と組織資本の計測(2009年5月15日(金)開催)

概要
東アジア各国企業の生産性データベースについて報告します。データは2006年度以降、改訂・拡充作業を重ね、2008年度は日本・中国・韓国・台湾のデータの期間の延長や推計方法の改善等を行いました。今回はこれに加えて、生産性を考える上で欠かすことのできない要素である企業の「無形資産」(組織資本と人的資本)について検討しました。詳細なインタビュー調査を踏まえた日韓企業の分析結果を紹介します。
深尾京司・日本経済研究センター主任研究員/一橋大学経済研究所教授
1979年東京大学経済学部卒業、84年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得
89年一橋大学経済研究所助教授、99年一橋大学経済研究所教授、2005年日本経済研究センターアジア研究部主任研究員、06年一橋大学経済制度研究センター主任。現在に至る。

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

09.0515深尾京司氏講演(音声、11.1MB) JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

日経センター報告20090515日経センター報告20090515JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら

【概要】
1.日中韓台企業における生産性の向上の要因分析
2.無形資産投資の日韓比較
3.JIP 2009による成長会計
4.日本経済は何故大きな打撃を受けたか
5.日本のサービス産業の生産性はそんなに低いのか



当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ