トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

リスク社会をどう生きるか―セーフティネットの再構築 (2009年6月3日(水)開催)

概要
失業や貧困、技術進歩やライフスタイルの変化などによってもたらされるリスクや格差。世界同時不況によって深刻化する問題に対応するために、雇用、教育や社会保障などのセーフティネットを一体的にどう再構築していくか。格差やリスク問題に詳しい橘木氏にお話しいただきます。
橘木俊詔(たちばなき としあき)・同志社大学経済学部教授

1943年生まれ。67年小樽商科大学商学部卒業、69年大阪大学大学院経済学研究科修士課程修了、73年米ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。OECD、米スタンフォード大学などを経て、86年京都大学大学院経済学研究科教授。 2007年から現職。

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

09.06.03橘木氏セミナー(音声、9.86MB)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

【概要】

安心社会をつくるにはどうすればよいか
誰がどのようにして「安心」を請け負うか
日本・米国と北欧諸国



当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ