トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

経済危機は終わったのか(2009年9月15日(火)開催)

概要
リーマン・ショックから1年、日本の景気は底を打ったものの、世界経済は依然不透明な状態が続いています。世界経済の構造・秩序が大きく変化する中で、資本主義の未来はどこに向かっているのか。本格的な景気回復に向けて、これから日本が進むべき方向性は―。昨年『資本主義は嫌いですか』を出版された竹森氏にお話しいただきます。
竹森 俊平(たけもり しゅんぺい)・慶応義塾大学経済学部教授

1956年生まれ。1981年慶応義塾大学経済学部卒、86年同大学院経済学研究科修了。
慶応義塾大学経済学部助手、助教授を経て現職。89年米ロチェスター大学経済学博士。
主著に、『資本主義は嫌いですか』、『経済危機は9つの顔を持つ』など



音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

竹森氏090915講演(音声13MB)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ