トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

財政出動の「宴の後」〜新政権の財政・税制課題展望(2009年9月15日(火)開催)

概要
8月30日投開票の衆院選では各党が積極的な財政政策を競い合っています。その結果として、さらなる財政悪化が懸念されています。講師の試算ではリーマンショック以降の麻生内閣における景気対策で政府債務はすでに急増、高齢化による支出増を見込むと、大幅な増税が避けられません。歳出・歳入改革、税制、地方分権など新政権の課題を展望していただきます。
土居 丈朗氏(どい たけろう)・慶應義塾大学経済学部教授
1970年生まれ。93年大阪大学経済学部卒。99年東京大学 博士課程 経済学研究科修了財務省財務総合政策研究所主任研究官などを経て、2009年から現職。

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

09.09.15土居氏セミナー(11.2MB)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

<概要>
・求められる歳出改革
・高速道路無料化
・高齢者医療制度
・地方交付税総額の推移
・社会保障財源としての消費税
・増税先送りの可否



当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ