トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

世界金融展望−国際マネーフローの新潮流(2010年3月11日(木)開催)

概要
世界株式の反騰や信用リスクの低下など金融危機はすでに終焉した感も強いですが、米国の不良債権問題やユーロ圏周辺国のソブリンリスクなどまだ楽観はできません。また、国際収支の不均衡是正に向けたドル安容認政策が、外貨準備運用の異変や資源・食糧価格の上昇といった弊害をもたらしています。欧米の出口政策や国際マネーフローはどうなるのか、内田氏に展望していただきます。
内田 和人(うちだ かずと)・三菱東京UFJ銀行 企画部 経済調査室長
1985年慶応義塾大学卒業。三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。資金証券部チーフストラテジスト、調査室(NY駐在)チーフエコノミスト、円貨資金証券部円資金グループ次長などを経て、2007年より現職。


音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

2010.3.11内田氏セミナー音声(12MB)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

2010.3.11内田氏資料2010.3.11内田氏資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら

<概要>
1.世界経済展望
2.米国経済
3.欧州経済
4.欧米出口戦略
5.アジア経済
6.国際マネーフロー



当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ