トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

民主党の国家・成長戦略〜政治主導による日本再生シナリオ(2010年4月5日(月)開催)

仙谷由人(せんごく よしと)・内閣府特命担当大臣(「新しい公共」)、国家戦略担当、公務員制度改革担当
 1946年生まれ。1990年 2月 衆議院選挙初出馬・当選。2009年 9月 内閣府特命担当大臣(行政刷新)公務員制度改革担当大臣、2010年 2月 から現職。

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

2010.4.5仙谷氏朝食会JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

<概要>
【成長の軸はアジア内需、環境、地域主権】
 @日本は公共工事に偏った手法で内需転換しようとして失敗し非効率な社会資本を増やした。これからは知識産業、サービス産業でも雇用を生み出す。製造業はサービス産業化を進め、農業は第6次産業化を目指すべきだ。
 A東アジア共同体構想では具体的な共同事業が不可欠。アジアの成長を日本の内需に取り込むため、クリーンコール、原発など日本の環境技術、要素技術をパッケージ、システムで売り込みたい。政府もトップセールスを行う。
 B地域主権改革では一括交付金化、義務付け、枠付け見直しを本気でやり、地方政府に自立、自己責任を求めていく。新しい公共を推進するため、企業も社会的責任を果たしてほしい。



当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ