トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

2010年後半の日本経済・金融市場展望−景気下振れリスクを検証する(2010年6月18日(金)開催)

概要
低迷から脱しつつある日本経済は、懸念された二番底も回避されそうな模様です。このまま回復に向かうのか、デフレからの脱却はできるのか、熊谷氏に展望いただきます。
熊谷亮丸(くまがい みつまる)・大和総研経済調査部シニアエコノミスト
1989年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入行。興銀証券(現みずほ証券)シニアエコノミスト、メリルリンチ日本証券チーフ債券ストラテジストなどを経て、2007年から現職。

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

20100618熊谷氏セミナー(14.8M)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

20100618熊谷氏資料20100618熊谷氏資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら


<概要>
1.菅・新政権成立の影響をどう見るか
2.日本経済は緩やかに拡大
3.リスク要因
4.金融市場の展望




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ