トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

<シリーズ>新興国を読むJ
ブラジル−新たなグローバルプレイヤーの実力(2011年1月13日(木)開催)

概要
 1月1日、南米の新興国ブラジルに初の女性大統領が誕生します。21世紀に入り大きく変貌し存在感を増したブラジル。しかもサッカーのワールドカップ(2014年)、リオデジャネイロ五輪(2016年)と華やかな話題が多い中で、同国を真のグローバルプレイヤーへと導くことができるか、新大統領の双肩にかかっています。実力をつけた政治、経済、社会面での変化を踏まえた上で、グローバルプレイヤーへ正念場を迎えたブラジルの課題を展望します。
堀坂浩太郎(ほりさか こうたろう)・上智大学名誉教授
 1968年国際基督教大学卒、70年日本経済新聞社入社。78〜82年中南米特派員、上智大学外国語学部教授・イベロアメリカ研究所所長などを経て、2010年4月から現職。日本ブラジル中央協会理事、ラテン・アメリカ協会常任理事

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

2011.1.13堀坂氏セミナーJCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

2011.1.13堀坂氏資料2011.1.13堀坂氏資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら

<概要>
1.新政権の誕生、初の女性大統領
2.20世紀末までのブラジル
3.世紀転換期、経済安定へ
4.ルーラ外交、積極外交への転換




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ