トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

湾岸産油国の石油生産能力−現状と見通し(2011年5月11日(水)開催)

概要
 今年に入って中東各国の情勢は激動が続いており、世界の石油供給の帰趨を握る当該地域の石油生産の動向が注目を集めています。一頃までの原油価格高騰に対応して、サウジアラビアをはじめ湾岸諸国は、石油生産能力の増強を推進してきましたが、その生産状況は、原油価格の先行きをうらなう上でも重要な要因となります。そこで湾岸産油国の生産能力について、各国ごとの現状と今後の見通しについて分析します。
長 和彦(ちょう かずひこ)・日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究主幹
1975年東京大学経済学部卒、日本石油(現JX日鉱日石エネルギー)入社。2001年中東経済研究所(現日本エネルギー経済研究所中東研究センター)出向

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

2011.5.11長氏セミナーJCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

2011.5.11長氏資料2011.5.11長氏資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ