トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

震災後の国際収支を考える(2011年7月27日(水)開催)

概要
震災後、日本の国際収支の姿が大きく変わりました。貿易収支が赤字になり、経常収支もいずれは赤字になると予想されています。「貿易赤字国転落論」も議論されるようになりました。輸出入、GDP、貯蓄投資バランスなどとの関連を踏まえながら、国際収支の変化はどの程度深刻な問題か、この変化の中から何を読み取るべきかを考えます。
小峰 隆夫(こみね たかお)・日本経済研究センター研究顧問


音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

2011.7.27小峰顧問昼食会JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

2011.7.27小峰顧問昼食会資料2011.7.27小峰顧問昼食会資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ