トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

グローバルな金融危機を展望する *日英同時通訳付き(2011年10月26日(水)開催)

概要
 欧米での財政危機から金融システム不安が懸念されています。政府債務はどの水準まで安全で、先進国にはどれだけ財政的余地があるでしょうか。欧州周辺国が債務不履行に陥った場合主要国へどう波及し、長期的な成長はどうなるでしょうか。IMF出身の初代韓国銀行チーフエコノミストが、債務問題と金融市場の安定性について展望します。
金 俊逸(キム ジュン イル)・韓国銀行経済研究院長、チーフエコノミスト
 ソウル大学経済学部卒、ブラウン大学経済学博士。韓国開発研究院、国際通貨基金(IMF)シニアエコノミストなどを経て、2011年から現職

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

2011.10.26金氏セミナー(英語)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

2011.10.26金氏セミナー資料2011.10.26金氏セミナー資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ