トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

問われる企業のグローバルな社会的責任―危機への対応、平時の取り組み(2012年3月8日(木)開催)

概要
 世界各地で災害、貧困・飢餓、環境悪化などの問題が起きています。その解決には資金、人材、技術、マネジメント力などを持つ企業の関与が欠かせません。日本経済研究センターは2009年に「GSR研究会」を設け、企業のグローバルな社会的責任の在り方を探ってきました。東日本大震災をはじめとする危機にどう対応すべきか、平時にどのような取り組みが求められるかを論じます。
高橋 秀明(たかはし ひであき)・慶應義塾大学大学院特別研究教授(GSR研究会副主査)
梅津 光弘(うめづ みつひろ)・慶應義塾大学商学部准教授(GSR研究会副主査)
宮本 武(みやもと たけし)・グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク事務局長(GSR研究会副主査)
司会)竹中 平蔵(たけなか へいぞう)・日本経済研究センター研究顧問(GSR研究会主査)

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

2012.3.8セミナーJCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ