トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

≪第49回通常総会記念講演会≫
日本経済再生の戦略(2012年5月18日(金)開催)

概要
 日本経済研究センターは2012年度の重点研究プロジェクトとして、2050年までの長期経済展望を行いつつ、いま日本経済再生に何が必要かの政策提言にも取り組む計画です。グローバル経済の激動やエネルギー制約、自然災害のリスクも抱えつつ、日本はどのような成長戦略をとるべきかについて構想を示したいと思います。
岩田 一政(いわた かずまさ)・日本経済研究センター理事長

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

20120518総会記念JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

2012.5.18総会記念講演資料2012.5.18総会記念講演資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら

【関連する日経センターリポート】
※環境・エネルギー政策のシナリオ分析「原発・再エネの選択、経済影響はCO2目標次第に 事故リスク対応費用、60〜120 兆円が原発維持のメド」
※活力と希望呼び込む税・年金改革を(2)「段階的改革も選択肢、まず『税方式化』着手を」
※中期予測の論点「原発の行方で異なる4つのシナリオ」
※復興対策・原発問題への金融面からの政策提言「インフラ復興に民間投資呼び込め―PFI活用で財政負担軽減、人材結集した新機構の設立を」
※税・社会保障改革「活力と希望呼び込む税・年金改革を−年金は税方式に、法人税減税もあわせて」
※エネルギー制約を考える「既存原発止まれば、影響10年単位に―電力不足、GDPを最大2%押し下げも」


当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ