トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

穀物相場の行方―価格高騰は長引くか(2012年11月9日(金)開催)

概要
 天候不順で世界の穀物生産が減少し、価格が高騰しています。米国政府がバイオ燃料の使用義務量を定めたことや、投資家の方針が安全性重視へ転じて穀物市場へ資金が押し寄せたことも相場上昇の要因です。今後の値動きは政治の動きとも関係します。米大統領選後、エタノール政策はどうなるか。穀物価格の動向と日本への影響を展望します。
茅野 信行(ちの のぶゆき)・コンチネンタルライス代表
 1976年中央大学大学院商学研究科修士課程修了、コンチネンタル・グレイン・カンパニー入社。99年ユニパックグレイン設立、2006年から現職。08年國學院大學経済学部教授

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

20121109茅野氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

2012.11.9茅野氏資料2012.11.9茅野氏資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ