トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

日本経済の50年と今後の50年(2013年7月25日(木)開催)

概要
 高度経済成長後、バブル崩壊を経験した日本経済は、社会保障問題、財政再建、労働市場改革などを先送りした結果、今もなお長期低迷が続いています。今後は少子高齢社会を見据えた大改革を進める必要があります。政策決定の場でキャリアを築いてきた篠塚氏が、50年を振り返り、改革の長期展望をお話しします。
篠塚 英子(しのつか えいこ)・人事院顧問、お茶の水女子大学名誉教授
1965年武蔵大学卒、日本経済研究センター入社。お茶の水女子大学教授、日本銀行政策委員会審議委員、日本司法支援センター理事などを経て、2009年人事院人事官、2013年5月から現職。商学博士(慶應義塾大学)


音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

20130725篠塚氏セミナーJCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

20130725篠塚氏資料20130725篠塚氏資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ