トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

2013年度後半以降の日本経済展望(2013年10月16日(水)開催)

概要
 国内景気は足元では緩やかに持ち直しているものの、デフレ脱却や消費増税への対応など課題をかかえています。企業が積極的な投資や雇用増・賃金引き上げができる環境整備、消費増税による家計消費や財政問題への影響といった持続的な成長のポイントについて、経済見通しに定評のある斎藤氏が2013年度後半から14年度の日本経済を展望します。
斎藤 太郎(さいとう たろう)・ニッセイ基礎研究所経済研究部経済調査室長
1992年京都大学教育学部卒、日本生命保険入社。ニッセイ基礎研究所主任研究員を経て、2012年から現職


音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

20131016斎藤氏セミナーJCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

20131016斎藤氏セミナ−資料20131016斎藤氏セミナ−資料JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ