トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

2014年の国際貿易の焦点―TPP交渉の行方と米オバマ政権の立場を再検証(2014年1月31日(金)開催)

概要
 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉は長引き「漂流」との観測も流れ始めています。交渉は2014年の早い段階で妥結に漕ぎ着けられるのでしょうか。また、失敗した場合の影響は日米を含め関係国にどう及ぶのでしょうか。本セミナーでは米政府の貿易・環境政策に関する諮問機関のメンバーでもあるショット氏にオバマ政権の姿勢、置かれた立場を分析してもらい、今後の交渉を展望します。また、質疑応答の時間を多めに用意し、TPPを中心に2014年の国際貿易の論点について理解を深めます。
ジェフリー・ショット(Jeffrey J. Schott)・ピーターソン国際経済研究所シニアフェロー
米財務省、カーネギー平和財団を経て1983年より現職。国際貿易、エネルギー問題が専門。現在、米商務省貿易・環境政策アドバイザリー委員会および米国務省国際経済政策アドバイザリー委員会メンバー。著書に『米国の研究者が書いたTPPがよくわかる本』(浦田秀次郎監訳、日本経済新聞出版社、2013年)など

浦田秀次郎(うらた しゅうじろう)・日本経済研究センター特任研究員

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20140131ショット氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20140131ショット氏資料20140131ショット氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ