トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

産業の未来を占う―凋落した電子産業からの教訓(2014年11月20日(木)開催)

概要
1980年代、電子立国日本といわれるほど隆盛した電子産業ですが、いまその姿はありません。各メーカーの経営戦略と国の産業政策は何を誤り、そこから得られる教訓は何か。現在は強い競争力がある自動車や機械産業が同じ道をたどる恐れはないのか。日本が競争力を維持、回復するために必要なことは何か。『電子立国は、なぜ凋落したか』の著者が、新ビジネスが次々に誕生する米国との違いなども含めて展望します。
西村吉雄(にしむら よしお)・技術ジャーナリスト
1971年東京工業大学大学院博士課程修了、日経マグロウヒル(現日経BP)社入社。『日経エレクトロニクス』編集長、東京大学大学院工学系研究科教授、東京工業大学監事、早稲田大学大学院政治学研究科客員教授などを歴任。工学博士

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20141120西村氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20141120西村氏資料20141120西村氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ