トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

デフレ脱却を目指して―日経・東大日次物価指数の動向から(2014年11月21日(金)開催)

概要
消費税再引き上げの最終判断をひかえ、物価の動きが注目されています。消費者物価指数(生鮮食品を除く)は8月まで前年比1%台前半(消費税の影響を除く)で推移していますが、渡辺教授が共同開発した「東大日次物価指数」によると足元では緩やかなマイナスを記録しています。日銀の物価目標・デフレ脱却は達成できるのか、東大日次物価指数が表す足元の物価動向の実態や消費税増税の行方など、渡辺教授が展望します。
渡辺努(わたなべ つとむ)・東京大学大学院経済学研究科教授
1982年東京大学経済学部卒、日本銀行入行。営業局等を経て92年米ハーバード大学Ph.D.。99年一橋大学経済研究所助教授、2011年から現職。専門はマクロ経済学、国際金融

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20141121渡辺氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20141121渡辺氏資料20141121渡辺氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ