トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

国際世論調査に見るTPPに対する各国の評価(2015年9月18日(金)開催)

概要
環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉が大詰めを迎えています。参加国によってTPPに対する世論の支持には濃淡があり(賛成意見の最多はベトナムの89%、最少はマレーシアの38%)、交渉の最終合意、各国での承認までには激しい意見対立も予想されます。米国のピュー・リサーチ・センターの調査を基にTPPを含めアジア・太平洋地域の経済連携の行方を読み解きます。
 
ブルース・ストークス・米ピュー・リサーチ・センター国際経済世論調査部門ディレクター
米誌ナショナル・ジャーナルの国際経済コラムニスト、外交問題評議会シニアフェローなどを経て、2012年から現職

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20150918ストークス氏(英語)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20150918ストークス氏資料20150918ストークス氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ