トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

株価バブル崩壊、どうなる中国金融(2015年10月15日(木)開催)

概要
今年6月、中国株が暴落。中国当局は株価対策を繰り出し、相場を下支えしました。中国は2013年の中国共産党中央委員会第3回全体会議(3中全会)で、金融自由化など金融改革をうたっていますが、こうした状況下で改革は進むのか。株価バブルの崩壊が中国経済や金融市場にどのような影響を及ぼすのか。北京で市場を分析している関根氏が解説します。
関根栄一(せきね えいいち)・野村資本市場研究所北京代表処首席代表
1991年早稲田大学法学部卒、日本輸出入銀行(現国際協力銀行)入行。2006年野村資本市場研究所入社、10年から現職。02年早稲田大学社会科学研究科修士課程修了(学術修士)

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20151015関根氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20151015関根氏資料20151015関根氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ