トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

株価座談会
世界景気不安と日本株―2016年前半の相場展望(2015年12月2日(水)開催)

概要
中国など新興国の景気減速が世界経済に重くのしかかってきました。先進国は金融緩和を継続していますが、成長への不安は高まっています。アベノミクスへの期待から海外投資家が日本株を買う動きも鈍り、「新3本の矢」の具体策を見極める姿勢を強めています。円安や原油安による企業業績への追い風も一巡し、いよいよ日本株は正念場を迎えそうです。専門家2人の議論を通じて、2016年前半の株式相場を展望します。
菊地正俊(きくち まさとし)・みずほ証券エクイティ調査部パン・アジアチーフ株式ストラテジスト(写真左)
1986年東京大学農学部卒、大和証券入社。米コーネル大学でMBA取得。大和総研、メリルリンチ日本証券を経て2012年から現職。日経ヴェリタスの15年ストラテジストランキング2位

榊茂樹(さかき しげき)・野村アセットマネジメント運用調査本部チーフ・ストラテジスト(写真右)
1982年早稲田大学政治経済学部卒、野村総合研究所入社。英オックスフォード大学経済学修士取得。ノムラ・アセット・マネジメント・シンガポールチーフ・エコノミストなどを経て2014年から現職

司会)今川京子(いまがわ きょうこ)・日本経済新聞社編集局次長兼証券部長






音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20151202株価座談会JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ