トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

15年度円城寺次郎記念賞 受賞記念講演会
少子高齢化、労働力不足時代への対応―労働市場制度の問題点と改革の方向(2016年2月18日(木)開催)

概要
政府が「1億総活躍社会」の実現を掲げ、介護離職ゼロや女性や高齢者の就業支援に向けての対応が急務となっています。人口減で労働者不足が深刻化する中、日本経済の持続可能性を高めるために、どのような改革が今、求められているのか。労働市場制度改革を中心に、今後10年間を視野に喫緊の課題について、川口教授が考察します。
川口大司(かわぐち だいじ)・一橋大学大学院経済学研究科教授
1994年早稲田大学政治経済学部卒、2002年ミシガン州立大学Ph.D.(経済学)取得。13年から現職。『日本の外国人労働力』(共著)で09年度日経・経済図書文化賞受賞

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

20160218川口氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20160218川口氏資料20160218川口氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ