トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

人民元の国際化と中国の通貨戦略(2016年2月10日(水)開催)

概要
国際通貨基金は2016年10月から中国の人民元を特別引き出し権(SDR)に組み入れることを決定しました。中国が「元の国際化」を目指すのは、過度の米ドル依存からの脱却が目的です。また、長期的には、米ドルと対抗する通貨となることも視野に入ってきました。SDR、「一帯一路」、アジアインフラ投資銀行などと人民元の国際化の関係、その背景にある中国の通貨戦略、今後の展望について、露口氏が解説します。
露口洋介(つゆぐち ようすけ)・信金中央金庫海外業務支援部上席審議役
1980年東京大学法学部卒、日本銀行入行。在中国大使館経済部書記官、日本銀行香港事務所次長、初代北京事務所長などを経て、2011年から現職

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

20160210露口氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20160210露口氏資料20160210露口氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ