トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

<大阪>マイナス金利下の物価動向(2016年4月11日(月)開催)

概要
日銀の追加緩和でマイナス金利政策が導入され、物価目標2%の達成も先送りされました。モノの価格上昇に対してサービス価格は伸び悩んでおり、今春の賃上げ状況も注目されます。物価の基調をどうとらえるべきか、企業の将来期待は改善されるのか。東大日次物価指数や「日経CPIナウ」を開発した渡辺教授が、物価動向を現状分析し、デフレ脱却の道筋と日本経済を展望します。
渡辺 努(わたなべ つとむ)・東京大学大学院経済学研究科教授、ナウキャスト創業者・技術顧問
1982年東京大学経済学部卒、日本銀行入行、92年ハーバード大学 Ph.D.(経済学)。一橋大学経済研究所助教授・教授を経て、2011年から現職。東大日次物価指数・「日経CPIナウ」を開発、15年潟iウキャスト創業

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20160411渡辺氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20160411渡辺氏資料20160411渡辺氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ