トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

日経センター産業調査班報告
生き残る地域の条件―都市集積の「引力」を読み解く
※セミナー関連リポート 15年度 産業調査報告書はこちら(2016年6月10日(金)開催)

概要
人と企業に選ばれる地域はどこか。産業と人口のデータから勝ち組の共通項を整理。その上で、産業構造の変化とともに地域がどう変わるのか、2030年の都道府県経済を予測します。産業や人口集積の裏側で働く「引力」を@高齢者の移住、A製造業の立地、B好対照をなす福岡と北九州―に即して具体的に読み解きます。2015年度の産業調査研修の成果をもとに、生き残る地域の条件を考えます。
写真左より

猿山純夫(さるやま すみお)・日本経済研究センター首席研究員

高野哲彰(たかの てつあき)・日本経済研究センター研究員

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20160610産業調査班報告JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20160610参考資料資料20160610参考資料JCER NET メンバー限定

資料20160610資料20160610JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら

【参考】15年度 日本経済研究センター産業調査報告書 (2016年3月)
『生き残る地域の条件 サービス産業の「引力」がカギに』


当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ