トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

IoT時代の情報流通経済―データ取引所が拓く新ビジネス(2016年9月8日(木)開催)

概要
IoT(モノのインターネット化)の進展により、毎年1兆個ものセンサーやモノの情報を活用する社会が現れつつあります。ここでは、センサーやマシンなどからの膨大なデータを活用し、新たな製品やサービスの創出が期待されます。世界初のIoTデータ交換取引所を開設した真野氏が、IoTプラットフォームの仕組み、取引所を通じてどのようなビジネスが可能になるのか、IoTによる情報流通社会の最前線について解説します。
真野浩(まの ひろし)・エブリセンス最高経営責任者
湘南工科大学工学部卒。山梨大学工学博士。無線ネットワークと電子機材技術の標準化活動に携わる。2014年シリコンバレーでEverySense設立、CEO就任。日本の公衆無線LAN事業の草分け的存在として知られる

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20160908真野氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20160908真野氏資料20160908真野氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ