トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

セルロースナノファイバー―日本が世界をリードする次世代産業資材(2016年10月20日(木)開催)

概要
鋼鉄の5分の1の軽さで5倍の強度を誇る植物由来の次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」。持続型資源に基づく高機能ナノ繊維として自動車部品、家電、建築資材などへの利用が期待され、2030年にはCNF関連市場が1兆円に達するという予測もあります。CNF研究の第一人者で自動車の車体や情報家電への応用研究をしている矢野教授が、CNFの強みや用途などを解説します。
矢野浩之(やの ひろゆき)・京都大学生存圏研究所教授
1982年京都大学農学部卒、86年京都大学大学院農学研究科博士課程退学。2004年から現職。89年京都大学農学博士。05年セルロース学会林治助賞、09年日本木材学会賞を受賞

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20161020矢野氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20161020矢野氏資料20161020矢野氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ