トップ » セミナー » セミナー(大阪)

セミナー(大阪)

各種講演・講座を開催しております。
セミナー開催時間は原則として14:00〜15:30です。
会員の方は無料(会員企業の社員の方は無料です)※会員企業一覧はこちら
非会員の場合は、1回8,000円(税込み)です。
参加ご希望の方は事前にお申し込み下さい。
会場は日経大阪本社1階カンファレンスルーム

本ページでのお申し込みを受け付けております。
聴講希望のセミナータイトル左のチェックボックスにチェックを入れ、セミナー申し込みをクリックしてお申し込みください。
お問い合わせ先:大阪支所TEL:06-7639-6660、MAIL:oosaka[at]jcer.or.jp *[at]を@に変換してください。

*7月-8月セミナー案内のPDFはこちらをご覧ください。

*開催済みセミナーの資料はバックナンバーからダウンロードしていただけます。 セミナー申し込み

大阪 2018年8月のセミナー

<大阪>日経センター短期経済予測説明会 *会員限り
予測期間:2018年7-9月期〜2020年1-3月期
8月23日(木) 14:00〜15:30
日経大阪本社ビル1階・カンファレンスルーム
西岡慎一・日本経済研究センター短期経済予測主査
△このページのトップへ *開催済みセミナーの資料はバックナンバーからダウンロードしていただけます。 セミナー申し込み

大阪 2018年9月のセミナー

<大阪>ビッグデータの意味とIoTの虚実
9月12日(水) 15:00〜16:30 *会員無料、一般8000円(税込)
日経大阪本社ビル1階・カンファレンスルーム
西岡靖之・法政大学デザイン工学部教授/インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)理事長
略歴
(にしおか やすゆき)
1985年早稲田大学理工学部卒。96年東京大学工学博士。国内のソフトウエアベンチャー企業のSEを経て、2007年から現職。15年6月にIVIを設立、理事長に就任。
米国ではグーグルやアマゾンなどが、巨大なデジタル経済圏を形成し成長を続けています。ビックデータをめぐるIT系企業の競争が注目されている一方で、日本の製造業には30年以上前から品質管理(TQC)など生産行動に関する膨大なデータが蓄積されています。消費者側ではなく、生産者側のデータがもつ価値を再定義し、IoT時代の製造業が新たなサービス産業として躍進する未来を探ります。
<大阪>インバウンド最新事情―持続的に呼び込む力
9月21日(金) 14:00〜15:30 *会員無料、一般8000円(税込)
日経大阪本社ビル1階・カンファレンスルーム
藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員
略歴
(もたに こうすけ)
1988年東京大学法学部、94年米コロンビア大学経営大学院卒業。日本政策投資銀行地域振興グループ地域支援班参事役などを経て2012年から現職。地域振興や人口成熟問題に関し精力的に研究・著作・講演を行う。
人口減少の進む日本・地域経済でインバウンドは欠かせない需要ですが、一過性に終らせないためには何が必要か。平成合併前の国内3200市町村すべて、海外90ヵ国以上を自費で視察、何度も現地に赴き、背後の構造とともに地域特性を多面的につかんだ深い考察で著名な藻谷氏に、国内外の豊富な事例を踏まえて、都市・地方両方のインバウンドの最新動向や変化の兆し、持続的に呼び込むためのカギ・課題を聞きます。 
△このページのトップへ 大阪府大阪市中央区高麗橋1-4-2 新・日本経済新聞社大阪本社内
●最寄駅: 京阪電鉄京阪本線および大阪市営地下鉄堺筋線「北浜」駅
京阪線からは30番出口より徒歩約3分、 堺筋線からは4番出口より徒歩約3分


バックナンバーはこちら