7~9月期GDPは4.9%増 成長減速鮮明に

2021.10.18|

 中国の第3四半期(7~9月)の実質経済成長率は前年同期比で4.9%と前の期(4~6月)より3.0ポイントも低い伸び率となった。ニュースサイト、財新網によるエコノミスト予想の中央値は5.1%で、市場予想も下回り経済の減速傾向が鮮明になった形だ。期中に各地で深刻な電力不足が発生し工業生産にブレーキがかかったほか、不動産市況の悪化や新型コロナウイルスの局所的な感染再発で消費は本格回復にはほど遠い状況。...

主要指標が軒並み大幅減速~消費は2.5%増

2021.09.15|

 8月の主要統計は軒並み大幅な減速となった。経済回復を引っ張ってきた工業生産は原材料の価格上昇や半導体不足から、前年同月比5.3%増と前月より1.1ポイント低下。固定資産投資は今年初めて1ケタの伸びに落ち込んだ。最も深刻なのが消費だ。市場予想の6.5%増を大きく下回る2.5%増に止まった。一部都市での新型コロナウイルスの感染再拡大により飲食業がマイナスに転落したのが響いている。9月以降もデルタ株の...

「苦難」の北朝鮮経済(下)

2021.09.13|,

 北朝鮮は13日、新型長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと発表した。その裏で、北朝鮮経済は国際社会による経済制裁と新型コロナ禍、水害などが重なり、生産活動にも大きな影響が出ている。韓国側の推計では、昨年の経済成長率は金正恩政権下で最大の落ち込みとなった模様だ。対外貿易の減少による原材料不足が農林水産業や鉱工業などの生産を直撃し、厳しい状況がいまも続いているとみられる。韓国の中央銀行である韓国銀...

「苦難」の北朝鮮経済(上)

2021.09.08|, ,

 北朝鮮の経済難が深刻化している。2017年に強化された国連安全保障理事会の経済制裁措置に、新型コロナや水害が追い打ちをかけた。金正恩政権はウイルスの流入を防ぐための国境封鎖を続け、昨年の対外貿易は大幅に落ち込んだ。韓国の大韓貿易振興公社(KOTRA)が発表した「2020年北朝鮮の対外貿易動向」報告書の内容を紹介しながら、北朝鮮の貿易をめぐる動向を分析する。 【第27回のポイント】 ① K...

中国経済、強まる減速懸念

2021.09.01|

 中国で経済の減速懸念が強まっている。今年上半期は順調に景気を回復させていたが、夏場の大雨や新型コロナウイルスの感染再拡大により工業生産などが変調をきたし始めた。けん引役である輸出にもブレーキがかかっており、海外の金融機関は相次ぎ2021年の実質成長率見通しを引き下げている。指導部は22年の共産党大会を控え、経済の腰折れによる社会の動揺を不安視する。社会不安を避けるため、9月以降、どのような景気対...

景気拡大の足取りに変調も~力強さ欠く

2021.08.16|

 中国の経済回復はペース鈍化が目立ち、力強さを欠いている。7月は国際市況の高騰や半導体不足といったマイナス要因に加え、河南省などでの大雨、洪水も影響して工業生産の伸びにブレーキがかかった。固定資産投資の伸びが一段と減速したほか、消費は1ケタの増加率に止まった。成長加速の頼みの綱は輸出だが、ここに来てコロナ禍が鎮静化した国・地域が輸出を再稼働させており、代替生産による中国の輸出押し上げ効果は薄れつつ...

販売急増の中国EV 電池不足に悩む

2021.07.29|

  半導体不足で減産を余儀なくされている中国の自動車業界。新車販売台数の伸びにも急ブレーキがかかっているが、電気自動車(EV)などの新エネルギー車は好調だ。一時は低迷していた新エネ車は政府の販売支援策などを追い風に息を吹き返した形だが、ここに来て、急速な販売拡大に車載電池の供給が追い付かなくなる懸念が強まってきた。 ...

アジアにも広がるSPACの波

2021.07.19|, , , , ,

 米国のSPAC(特別買収目的会社)上場の波はアジアにも及んでいる。香港などアジアの投資家がSPACを組成し、スタートアップの買収・上場を画策している。20年前のITバブル(ネットバブル)で活躍した香港の投資企業パシフィック・センチュリー・グループ(PCG)や、ユニコーンに巨額の投資をしてきた日本のソフトバンクグループなどだ。一方、アジアのスタートアップの間でもSPACによる上場への関心が高まって...

4~6月期は7.9%成長 市場予想やや下回る

2021.07.15|

 中国の第2四半期(4~6月)の実質経済成長率は前年同期比で7.9%。新型コロナウイルスの感染被害によるマイナス効果の反動が薄れ、第1四半期に比べて10.4ポイントも低い伸びとなった。有力ニュースサイト、財新網の事前のエコノミスト予想の平均値は8.1%の予想で、それも下回った。ただ、前期比では1.3%と、1~3月の0.6%より加速した。年率換算すると5.3%成長程度となる。輸出額が過去最高となるな...

北朝鮮の金融業の現況(下)

2021.07.13|, ,

 北朝鮮では近年、地域別に商業銀行を設立していることが確認されている。従来は中央集権的な計画経済体制の下で、中央銀行が商業銀行の役割も果たしていたが、計画建設に必要な資金調達ルートの拡大などが狙いとみられる。韓国の政府系金融機関である韓国産業銀行がまとめた『北韓(北朝鮮)の産業2020』から、商業銀行の動向など北朝鮮の金融業の現況を抜粋・要約して紹介する。 【第26回のポイント】 ① 北朝...