トップ » セミナー » 政策懇談会

政策懇談会

会員企業の部長クラスを対象に、実際の政策決定に深く関わる識者・キーパーソンを講師に招き、意見交換の場を提供します。年6回開催。

セミナー申し込み

第4次産業革命時代のサイバーセキュリティ対策

日時 2018年4月20日(金) 14:00〜15:30
講師 谷脇康彦 総務省政策統括官(情報セキュリティ担当)
会場 日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2
 あらゆるモノがインターネットでつながる時代、利便性が高まる一方で、情報漏洩を引き起こすサイバー攻撃の手段は多様化し、メール攻撃やランサム(身代金)ウェア のほか、IoT機器を悪用したサイバー攻撃も発生しています。官庁や企業にとって大きな脅威の1つがAPT(Advanced Persistent Threat)と呼ばれる執拗かつ持続的なサイバー攻撃で、被害に遭っていることに気付きにくいという特徴を持っています。
 企業や個人に求められる対策のほか、政府全体として取り組むべき政策について、長年サイバーセキュリティ対策を指揮してこられた谷脇政策統括官にうかがいます。

【ご略歴】(たにわき やすひこ)1984年一橋大学経済学部卒業、郵政省(現総務省)入省。2012年大臣官房審議官(情報流通行政局担当)、13年内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)副センター長、16年情報通信国際戦略局長、17年7月から現職。

【聞き手】小林 辰男・日本経済研究センター政策研究室長兼主任研究員

※通常通りオフレコで進めますが、今回は第4次産業革命時代について日本の課題と同時代を乗り切る方策を検討する当センターの「未来社会経済研究会」と合同開催とし、発言者、参加者の身元を秘匿した簡単な議事要旨(A4紙1枚程度)を後日、当センターホームページに掲載いたします。

お申し込み

ホームページ上でのお申し込みを受け付けております。参加ご希望の懇談会タイトル左のチェックボックスにチェックをご記入の上、セミナー申し込みよりお申し込みください。
お問い合わせ先:会員事業部(TEL:03-6256-7720、FAX:03-6256-7925)

※参加費無料、お申し込みは「政策懇談会」メンバー(代理可)とさせていただきます。
※オフレコで進めます(他のセミナーと異なり、当日の資料や抄録をホームページには掲載いたしません)

△このページのトップへ

これまでのゲストスピーカー

年毎に並び替え
開催日 タイトル 講師 PDF
2018.2.13 金融庁組織改革と金融ビジネスの未来 佐々木清隆・金融庁総括審議官
△このページのトップへ