トップ » 経済予測 » 中期経済予測 » 第44回

第44回中期経済予測(論点)

人生100年 10年長く就業を
――世代格差 均せる可能性

高齢化は社会保障費の増加につながり、現役世代の負担はさらに重く――。高齢化=暗い将来という図式になりがちだ。しかし同時に進む長寿化により、若い世代ほど長い人生を享受でき、今より長く働くことも自然になる。支えられる側から支える側へ。現役引退を今より10年遅らせると、社会保障給付が削減でき財政が改善。その分を現役層の負担軽減に回せば、世代間格差を均すことができる。30歳ずつ離れた3世代の生涯収支と消費から検証した。人生100年時代には65歳の引退は早すぎる。70代まで働ける制度作りを進めるべきだ。

全文全文

※2月初めのPAFTAD(太平洋地域の貿易と開発に関する国際コンファレンス)で報告した分析です。

△このページのトップへ

バックナンバーはこちら

△このページのトップへ