トップ » 経済予測 » 中期経済予測 » 

中期経済予測(論点)

<グリーン成長の可能性を探る>貿易自由化でグリーン成長の後押しを

−関税撤廃で日本のエコ製品輸出、0.8%増も

2012年3月23日発表

吾郷伊都子・研究生(日本貿易振興機構(ジェトロ)より派遣) 、<監修>小林辰男・日本経済研究センター研究本部主任研究員

5〜10年先を考えるのが中期予測のミッション。今の延長線上に何があるのか、先行きを左右するポイントは何か、研究員がいくつかの角度から検討します。

中期予測の論点


<グリーン成長の可能性を探る>貿易自由化でグリーン成長の後押しを
―関税撤廃で日本のエコ製品輸出、0.8%増も(吾郷伊都子、<監修>小林辰男)
(12/03/23)

 日本の環境物品(エコ製品)貿易は、輸出額が輸入額を一貫して上回っている。総額で31年ぶりの赤字を記録した2011年でも黒字を維持した。07年以降は中国やNIES諸国の台頭によって黒字幅は縮小傾向にあるが、環境分野は日本が競争力を持つ分野の一つである。本稿は貿易自由化がエコ製品の貿易にどのような影響を与え、日本のグリーン成長に寄与するのかどうか、可能性を探った。

<ポイント>
(1)
日本の環境物品の輸出額は2兆円(輸出総額の2.9%)で、貿易収支は一貫して黒字。競争力を持つ分野だが、最近は中国やNIESの世界シェアが増大。
(2)環境物品の関税を撤廃した場合、日本の輸出は少なくとも0.8%増加する可能性がある。
(3)環境物品の定義は、各国の溝が埋まらず世界的な合意ができていない。日本は対外的には輸出対象を明確化するための定義の確定、対内的には環境分野での技術革新に向けて努力することが重要である。






---参考:中期予測シリーズ---
◇第38回中期経済予測(2011−2020 年度)
エネルギー・国際分業、迫られる再構築−除染費用、国民に重い負担(2012/3/2発表)

◇中期経済予測(論点)
原発の行方で異なる4つのシナリオ(2012/3/9発表)
石油危機に学び、省エネ余地を探る(2012/3/9発表)
R&D投資は現地需要重視、今後はアジア向けで拡大(2012/2/7発表)
<中国のエネルギー問題>CO削減の国際公約、余裕ある目標(2012/1/6発表)

◇中期経済予測(論点を探る2011)
<サプライチェーン寸断 検証と教訓>自動車に影響集中、特注電子部品など制約に(2011/9/29発表)


△このページのトップへ

バックナンバーはこちら

△このページのトップへ