トップ » 研究リポート » 研究報告書 » 個性の“選択”から始まる地域の発展

個性の“選択”から始まる地域の発展

希望と成長による地域創造研究会「地域アイデンティティ」研究分科会2012年報告書
2013年3月発表


主査:玄田有史・東京大学社会科学研究所教授


◆日本経済研究センターの「希望と成長による地域創造研究会」を構成する2つの分科会のうちの1つ「地域アイデンティティ」研究分科会は、最終報告「個性の“選択”から始まる地域の発展」と題する報告書をまとめました。


はじめに(座長 新井淳一/日本経済研究センター理事・研究顧問)

【関連研究会・報告書】
13年度「地域とアジアの架け橋研究会」参加メンバー募集
地域から考える成長戦略研究最終報告「“地域振興の主役は地域、成否のカギは人材」(13年3月)
地域アイデンティティ研究中間報告「“かけがえのなさ”が地域イノベーションの源泉―「あるもの探し」でアイデンティティ再構築を」(12年3月)


△このページのトップへ

総論 (1章を除き全文掲載、※5月から一般公開)


序章:個性の“選択”から始まる地域の発展玄田有史・「地域アイデンティティ」研究分科会主査/東京大学社会科学研究所教授
第1章:希望の共有と企業再生
 ―セーレンにおける企業文化の再構築(概要)
中村尚史・東京大学社会科学研究所教授
第2章:全村避難で地域アイデンティティ残せるか
 ―飯舘村のコミュニティ維持の試み
小野晶子・労働政策研究・研修機構副主任研究員
第3章:<座談会>成長の意味問い直し、継承による希望を玄田有史・東京大学社会科学研究所教授
藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員
中村尚史・東京大学社会科学研究所教授
小野晶子・労働政策研究・研修機構副主任研究員
新井淳一・日本経済研究センター理事・研究顧問

△このページのトップへ

各論 (全文掲載、※5月から一般公開)


第1章:「心の豊かさ」の追求こそが人を呼ぶ
 ―佐渡の活性化策も具体例に
岡田和幸・首都圏佐渡連合会・関東小木人会幹事
第2章:かけがえのない佐賀を継承していくために
 ―藩政初期以来の水路を守り歩行者にやさしい街づくりを
蒲原啓二・佐賀大学産学・地域連携機構客員教授・農学部招聘教授
第3章:都市・農村の絆リ・デザイン
 ―都市住民、企業の力で地域に活力を!
山ア浩司・三井不動産株式会社S&E総合研究所主任研究員
第4章:特産品を使って元気なまちづくり
 ―個性が好循環を生む
福島美佳・日本郵政グループ労働組合 JP総合研究所
第5章:人口増加から減少への転換期の住宅・都市政策
 ―首都圏でも直面する空き家・空き店舗
萩原淳司・公益財団法人埼玉りそな産業経済振興財団 主席研究員
第6章:復興対策には社会関係資本の観点が必要
 ―社会関係資本の特徴は類推できる
原田博夫・専修大学大学院 経済学研究科長・教授
第7章:「幸福な共働き家庭」で豊かな地域をつくる
 ―福井県の事例から
是枝俊悟・株式会社大和総研 金融調査部制度調査課研究員
第8章:若者のチャレンジ支援による地域を担う人材創出
 ―岐阜のNPO法人G-netの取り組みから
田口智博・株式会社ヒューマンルネッサンス研究所副主任研究員
第9章:顧客の近くで思考する重要性
 ―企業の成長と地域創造を考える
伊藤蘭香・株式会社第一生命経済研究所副主任研究員
第10章:「地域への愛着」が地域再生に果たす役割
 ―地域アイデンティティ確立に貢献
豊田尚吾・大阪ガス株式会社 エネルギー・文化研究所主席研究員

△このページのトップへ

2012年の活動報告


研究分科会ゲスト講演要旨

△このページのトップへ