第61回(2018年度) 受賞者の発表

2018/11/5

日本経済新聞社と日本経済研究センター共催の2018年度・第61回「日経・経済図書文化賞」受賞図書は下記の通りです。この賞は過去1年間に出版された経済図書の中で特に優れた図書に贈られるものです。
PDF 第1回からこれまでの受賞作品

受賞作品

日本のエクイティ・ファイナンス (中央経済社)
鈴木健嗣 著

財務制限条項の実態・影響・役割 (中央経済社)
中村亮介・河内山拓磨 著

Economics of Pessimism and Optimism (Springer)
尾崎裕之・西村清彦 著

経済成長の日本史 (名古屋大学出版会)
高島正憲 著

審査委員(順不同)

吉川洋(立正大学教授)
八代尚宏(昭和女子大学特命教授)
斎藤修(一橋大学名誉教授)
本多佑三(大阪学院大学教授)
杉原薫(総合地球環境学研究所特任教授)
伊藤元重(学習院大学教授)
井堀利宏(政策研究大学院大学特別教授)
桜井久勝(関西学院大学教授)
池尾和人(立正大学教授)
深尾京司(一橋大学教授・日本貿易振興機構アジア経済研究所長)
岡崎哲二(東京大学教授)
福田慎一(東京大学教授)
翁百合(日本総合研究所理事長)
沼上幹(一橋大学教授 )
大竹文雄(大阪大学教授)
松井彰彦(東京大学教授)
原田亮介(日本経済新聞社論説委員長)
岩田一政(日本経済研究センター理事長)

11月9日に表彰式開催

日本経済新聞社と日本経済研究センターは11月9日、日経東京本社ビルで2018年度・第61回「日経・経済図書文化賞」の表彰式を開催しました。受賞者には賞金100万円と副賞の記念品を、出版社には賞牌を贈呈しました。写真は(左から順に)受賞された鈴木健嗣氏、中村亮介氏、河内山拓磨氏、尾崎裕之氏、西村清彦氏、高島正憲氏。


過去の受賞作品

第60回受賞作品