グラブ、SPAC上場急ぐわけ

2021.07.27|, , , ,

 東南アジアの「スーパーアプリ」を目指すグラブ(シンガポール)がSPAC(特別買収目的会社)を使った株式公開を急いでいる。調達した資金で決済アプリ「グラブペイ」をテコに金融ビジネスを拡大する狙いだ。しかしニューヨーク証券取引所に上場するシー(シンガポール)が、潤沢な資金を武器に電子商取引サイト「ショッピー」や決済アプリ「ショッピーペイ」を急拡大し、グラブの行く手を阻もうとしている。グラブのライドシ...

アジアにも広がるSPACの波

2021.07.19|, , , , ,

 米国のSPAC(特別買収目的会社)上場の波はアジアにも及んでいる。香港などアジアの投資家がSPACを組成し、スタートアップの買収・上場を画策している。20年前のITバブル(ネットバブル)で活躍した香港の投資企業パシフィック・センチュリー・グループ(PCG)や、ユニコーンに巨額の投資をしてきた日本のソフトバンクグループなどだ。一方、アジアのスタートアップの間でもSPACによる上場への関心が高まって...

ASEAN経済、本格回復にはなお時間

2021.07.05|, , , , , , ,

(英語サイト)JCER/Nikkei Consensus Survey on Asian Economies ※7月6日付の本経済新聞朝刊・国際面、Nikkei Asiaに関連記事掲載  ...

ミャンマー情勢~静観するインド、立ちすくむ日本

2021.06.21|, , , ,

 民主的に選ばれた政権を暴力で転覆させ、抗議デモを行う自国民に銃口を向けるという暴挙に出たミャンマー軍政に対し、世界は厳しい非難の声を浴びせている。しかし、厳しい制裁で軍政が孤立すれば「人権」をさほど気にしない中国やロシアが一気に接近してくるという懸念も根強く、国際社会は断固とした対応ができないジレンマに陥っている。インドにとっても東南アジア諸国連合(ASEAN)で唯一国境を接するミャンマーの混乱...

カンボジア、準CBDC「バコン」を導入

2021.04.28|, ,

 カンボジアは20年10月28日、スマホを使った小口決済システム「バコン」の運用を正式に開始した 。バコンはプロジェクト及びシステムの名称で、アンコールワット遺跡群にある9世紀に建造された寺院の名前に由来する。カンボジアの現地通貨リエルだけでなく、国内で広く流通する米ドルも取り扱っている。人口1600万人規模のカンボジアで、20年12月末までの約2カ月間で5万人ほどが利用したという。 【ポイ...

ASEANの21年成長率、依然慎重な見方も

2021.04.05|, , , , , , ,

(英語サイト)JCER/Nikkei Consensus Survey on Asian Economies ※4月7日付の日本経済新聞朝刊・国際・アジアBiz面、Nikkei Asiaに関連記事掲載  ...

アジアの成長率 21年はプラス転換も回復弱く

2020.12.21|, , , , , , ,

(英語サイト)JCER/Nikkei Consensus Survey on Asian Economies ※12月22日付の日本経済新聞朝刊・国際・アジアBiz面、Nikkei Asiaに関連記事掲載 ...

アジア6カ国の成長率 一段の下方修正

2020.10.05|, , , , , , ,

(英語サイト)JCER/Nikkei Consensus Survey on Asian Economies ※10月6日付の日本経済新聞朝刊・国際・アジアBiz面、Nikkei Asiaに関連記事掲載 ...

新政権に「地域安定への貢献」「改革モデル」期待

2020.09.08|, , , , , , ,

...

コロナ禍深刻 アジア6カ国、20年はマイナス成長

2020.07.08|, , , , , , ,

(英語サイト)JCER/Nikkei Consensus Survey on Asian Economies ※7月9日付の日本経済新聞朝刊・国際面、NARに関連記事掲載 ※【アジア・コンセンサス6月調査特別Webセミナー】※会員限定  新型コロナ感染下のアジア経済:その現状と展望―現地エコノミストに聞く  7月8日、調査回答者のうちインド、フィリピン、シンガポールから3名をWeb会...