一覧へ戻る
第4次産業革命の中の日本 情報は国家なり

ICT活用、最優良企業並みなら成長率4%押し上げも

ハードとヒト偏重の経済社会体制からの脱却を

 

2017/05/25

 日本の経済成長と先端的な情報通信技術(ICT)投資・活用の関係を分析すると、ICT戦略のまずさが浮き彫りになった。金融や宿泊・飲食など非製造業でICTに投資すればするほど労働生産性は低下する業種も見受けられた。また同投資の効果が高い自動車は、生産の海外移転が進み、国内の生産性向上に寄与しにくい構造にある。AIやIoT投資を収益に結びつけている上場企業も1割程度にとどまる恐れがある。既存システムや業務体制をICT向けへ抜本的に改革していないことが原因だ。ただICTを収益に結びつけている最優良企業群並みに日本全体が改革できれば、成長率は4%程度押し上げられる。ハード投資と人海戦術に依存する経済社会体制から脱却することが、第4次産業革命を生き残る必要条件だろう。政府が打ち出したサービス産業の生産性向上に向けた官民協議会の議論の進展などを見守りたい。

日本経済研究センター

※17年7月14日付の日本経済新聞朝刊・経済教室に、井上知義主任研究員と高口鉄平特任研究員が寄稿しました。(「企業のAI・IoT活用 非製造業 ゼロから構築を」)

図1 非製造業の多くでICT投資は生産性向上に役立っていない

図2 実質GDPはICTを最優良企業群並みに活用できれば、1.4倍に


(注)「ランキング企業並みの効果を実現した場合」は、標準シナリオの成長率に2030年度までに4.1%ポイント上乗せとなるように各年の成長率に徐々に上乗せした場合。
(資料)GDPの実績値は国民経済計算、予測値は日本経済研究センター「第43回中期経済予測:標準シナリオ、改革シナリオ」

 

キーワード

バックナンバー

2021/02/10

AI、4つのあるべき未来

文章の自動生成、双方向な映像作品も実現
社会実装には倫理、モラルのチェック必要に

議事要旨 第14回

2021/02/05

経済分析に利用広がるテキストマイニング

大規模記事データから「因果関係」を抽出

議事要旨 第5回

2021/02/01

緊急事態宣言、ステージⅡまで継続を

21年春から消費は回復軌道に
医療・経済面で将来の恩恵大きく

2021/01/20

カーボンプライシングは行動変容へつながる制度に

2050年脱炭素は必然の流れ
世界はグリーンとデジタルで成長戦略

議事要旨 第13回

2020/12/23

「経済損失型」広告、週末の外出自粛に有効

コロナ感染防止に「ナッジ理論」を活用

議事要旨 第4回

2020/11/24

健康・医療アドバイスのみでも200億円市場

医療データのDXで幅広い恩恵の可能性
活用ルールの整備を

健康・医療データの価値を推計する

小津 敦高口 鉄平

2020/11/13

5G、中国では月額2000円で通信事業者が提供

高速大容量のサービスが先行
中国通信機器メーカー、米中対立への対応難しく

議事要旨 第12回